高齢出産のメリット

赤ちゃんの足跡

日本では、年々、産婦人科で子どもを分娩する年齢層が上がっているといわれています。
妊娠した女性が子どもを産む出産年齢は、徐々に上がっているのです。
最近では、30代後半から40代くらいの女性が妊娠して分娩するのは当たり前の光景になりつつあります。
このような高齢出産には、いくつかのデメリットがあります。
一番は、流産が多くなることです。
どの年代でも流産は珍しいものではないです。
しかし、高齢出産では、かなり流産のリスクが高まります。
また、高齢出産では、妊娠高血圧症候群になる方が多いです。

しかしながら、高齢出産はメリットもあります。
たとえば、母親の精神が安定していることです。
仕事や人間関係の中で得た忍耐力や、人生経験が豊富な方が多いです。
だから、心にゆとりをもって出産に臨むことができます。
また、高齢出産の子供は怪我をしにくく、言語の発達が早いというデータもあります。
高齢の方が安全に出産するためには、産婦人科で妊婦健診を欠かさず定期的に受けることが大事です。
超音波検査、血液検査などで、異常を早期発見することでリスクを回避できるからです。
また、医師とのコミュニケーションも頻繁に行うことが大事といえます。

水中出産

子どもを妊娠して分娩するに当たり、現在では産婦人科を利用される方が多いです。
しかし、最近、ある有名モデルが水中出産をして注目されています。
これは文字通り、入浴した状態で子どもを分娩する出産方法です。
そもそも、人間はお風呂に入ると、心と身体がとてもリラックスすることができます。
また、お風呂には体の血行を良くして、筋肉をほぐしてくれる作用もあります。
このような作用で、妊娠した女性の出産時の陣痛を和らげて、スムーズに出産を行うことを可能にしてくれます。
その他にも、水中出産には色々なメリットがあります。
たとえば、もともと胎児は羊水で育っています。
ですから、出産時に水に入ることで衝撃が少なくなり、胎児への負担を減らすことができます。
また、妊婦さんは水中の中で、楽に姿勢を変えることができます。
だから、赤ちゃんが産道を下りてきやすい姿勢を自然ととることができます。
そのため、出産が楽ですし、出産時間を短くできます。
このように水中出産では、色々なメリットがあります。
しかし、それと同時にデメリットもあります。
たとえば、水中出産時には、お母さんの大量出血などの体調の変化や赤ちゃんに異常があった場合の対応がスムーズにできないことです。
なぜなら、現在水中出産ができるのは、ごく一部の助産院に限られているからです。
なので、産婦人科の医師が側にいないケースがほとんどです。
上記のようなメリット、デメリットをきちんと考えて、出産スタイルを選ぶことが大事です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク